新郎・新婦のお父様ご用達のモーニングレンタル店を紹介

HOME » お父さんのためのモーニングコート講座 » モーニング着用の基本ルール

モーニング着用の基本ルール

ここでは、結婚式で恥をかかないために、モーニングコートの着用ルールをご紹介します。

モーニングコートの着こなし方

モーニングの着こなしは慶事と弔事でそれぞれ異なります。着こなしを間違えて恥をかかないよう気をつけてください。

結婚式でのお父さんの装い

◆ジャケット…黒がほとんどだが、グレーも可
◆ベスト…グレーか白襟をつけた黒
◆コールパンツ…縞柄で裾仕上げはシングルの前上がりモーニングカット
◆タイ…白黒の縞柄かシルバーグレーの朱子織りの結び下げネクタイ、またはアスコットタイ
◆シャツ…プリーツのない白無地
◆襟…基本はウィングカラーだが、レギュラーカラーも可
◆カフス…基本はダブルカフスの白蝶貝だが、シングルカフスも可
◆サスペンダー…白黒の縞柄
◆ポケットチーフ…白の麻およびシルクの3ピークス
◆手袋…グレーおよび白の革製か布製(手袋ははめずに持つだけ)
◆ソックス…白黒の縞柄または黒
◆シューズ…基本は黒で内羽根のストレートチップだが、プレーントゥも可

葬儀での装い

◆ジャケット…黒
◆ベスト…白襟をつけない黒
◆コールパンツ…細目の縞柄で裾仕上げはシングルの前上がりモーニングカット
◆タイ…黒の結び下げネクタイ
◆シャツ…プリーツのない白無地
◆襟…レギュラーカラー
◆カフス…なくても構わないが、シルバーの台座に黒いオニキスや黒蝶貝など黒を基調とする
◆サスペンダー…黒
◆ポケットチーフ…挿さないか、光沢のない黒無地のスクエアホールド
◆手袋…なし
◆ソックス…黒
◆シューズ…基本は黒で内羽根のストレートチップだが、プレーントゥも可

モーニングコートの語源と歴史

モーニングコートは、最も格調の高い昼間の男性用礼装です。語源は「Good Morning(グッドモーニング)」からきており、昔は上流階級の人たちの朝の散歩服として着用されていました。

現在は、慶事や公式の弔事などで主役となる立場の男性が着用する礼装として使用され、とくに結婚式や披露宴における新郎新婦の父親の服装として人気があります。

本来、モーニングコートはジャケットのみを指しますが、日本では、ジャケット、ベスト、コールパンツを合わせた服装を呼ぶことがほとんどです。

モーニング着用の時間帯

モーニングコートは午前中から午後6時(冬場は午後5時)までの礼装です。式がそれ以降のときにはタキシードを着用します。なお、本来なら時間帯をまたぐときには着替える必要がありますが、2着用意できない場合は、ケースバイケースでどちらかを選びます。

 
モーニングのレンタル店比較・決定版